Y'S TRUSTはお客様一人ひとりに向き合い、パーソナルトレーニングを通して全てのお客様に健康である喜びと、理想の自分に変化する喜びをご提供することを最大の喜びとし、そのサービスを通して社会の健康づくりに貢献し、地域の活性化、社会の活性化の実現を最大の使命とします。

TEL : 075-744-0031

〒605-0009 京都市東山区三条通大橋東入大橋町102番地 田中ビルB1F MAP

  1. Top
  2. 新着情報
  3. 【実際に痩せた食事を紹介】ダイエットを成功させた朝食【まとめ】

【実際に痩せた食事を紹介】ダイエットを成功させた朝食【まとめ】

  • 2020.12.03
  • コラム

こんにちは、Y’S TRUSTの住谷です。

今回は【ダイエットを成功させた朝食】について記事を書いていきます。

この記事ではダイエット中の朝食が気になる方に向けて、実際にダイエットが成功した人の食事を紹介しながら、どのような朝食がダイエットに適しているのかを解説していきます。

また、紹介する朝食はY’S TRUSTにダイエットコースで入会されて、実際にダイエットを成功されたお客様が食べていた朝食です。実際にダイエットに成功されたお客様の朝食メニューなので、ダイエットを頑張っている皆様にとって参考になると思います。

そしてダイエット中の朝食の重要性忙しい朝でも朝食を摂る方法便利なコンビニ食品をダイエット中でも活用する方法についても解説していきますので、ダイエット中の朝食について徹底的に解説していきます。盛りだくさんの記事となっていますがぜひ最後まで読んでくださいね。

この記事を読むと、

 ダイエット中の朝食の重要性がわかる

 忙しい朝でも朝食を摂る方法がわかる

 ダイエットを成功させた朝食が見れる

 ダイエット中でも食べられるコンビニ食品の選び方がわかる

となっております。

私は京都は東山三条にあるパーソナルトレーニングジム Y’S TRUSTを運営しています。パーソナルトレーナーとして、これまで400人以上のお客様のダイエットをサポートしてきました

現在もお客様のトレーニング、そして管理栄養士と共に食事のアドバイスを行っています。

実際にお客様のダイエットをサポートしている私が記事を書いていきますので、ダイエット中の方、これからダイエットを始めようと考えている方に有力な情報をお伝えできると思います

それでは早速、ダイエットを成功させた朝食をみていきましょう。

【実際に痩せた食事を紹介】ダイエットを成功させた朝食【まとめ】

ではここからダイエットを成功させる朝食について解説していきます。

内容は盛りだくさんなので長くなりますが、ぜひ最後まで読んでくださいね。

ではまず、本題に入る前に皆様はこんな疑問はありませんか↓

そもそもダイエット中に朝食って食べないとだめなの?

実はこの疑問、Y’S TRUSTに入会されたほとんどのお客様が持っていらっしゃいました。

その理由は、ダイエット中は食事量を減らしたほうがいいという考えからほとんどのお客様はこれまで朝食を抜いたり、菓子パンだけで済ましていたからです。今までそれで済ましてきたから、これから朝食を作るのが億劫に感じる人もいました。

しかし、ダイエットを成功させるためには朝食は重要なカギになります。

まずは次項でダイエットを成功させるためになぜ朝食が重要なカギになるのかを解説します。

ダイエットを成功させるなら朝食は食べるべき

結論からいうと、朝食を食べるか食べないかではダイエットの成果が変わるので、朝食は食べるべきです

朝食を食べるだけで、ダイエットの効果を高めることができます

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、これにはしっかりと理由があります。

朝食を食べると代謝が上がる

朝食を食べることで代謝が上がり、一日の消費カロリーも増えるので結果的にダイエットの効果を高めることができます

ダイエット中ってなるべく食事を食べないほうがいいと思っている方にとっては信じられない話かもしれません。

しかし、これには【食事誘発性熱生産】(しょくじゆうはつせいねつせいさん)が大きく関わっています。

食事誘発性熱生産とは、 食事を食べた後に安静にしていても代謝量が増えることをいいます

食事を食べたあとに体がポカポカするのを感じたことはありますか?

それは食事誘発性熱生産で体温が上がっている証拠です。

特に起床後は体温が下がっており、体の代謝活動も低下しているタイミングです。

そこで朝食を食べることで体温が上がり、代謝活動も始まるので朝食を食べない場合に比べて早く代謝が始まることになります。

その結果、朝食を食べない場合よりも一日の代謝量、消費カロリーが増えることになります

これがダイエットを成功させるなら朝食を食べるべき理由です。

ダイエット中は代謝を上げることがとても重要になります。代謝を上げるには運動(筋トレ)やストレッチなどを行う必要がありますが、朝食を食べるだけで代謝が上がるのであれば運動やストレッチに比べて簡単なので取り組みやすいですね。

朝食を食べるべき理由については下記の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください↓

ここではダイエット中は朝食を食べるべき理由について解説してきました。

しかし、朝食が重要だとわかっても、どうしても朝は時間がない方もいらっしゃると思います。

次項では朝食を食べたいけど、どうしても時間がない方に向けて解決策を書いていきます

忙しい朝でも朝食を摂る方法

ここからは忙しい朝でも朝食を摂る方法について解説します。

少し長くなりますが、Y’S TRUSTではこれからダイエットを始めるお客様に必ずお伝えする、とても大切な部分なのでぜひ読んでくださいね。

まずいきなりですが、ダイエットには二つの変化があります。

二つの変化のうち、一つ目はもちろん【外見の変化です。

ダイエットを頑張って体重や体脂肪が落ちれば、女性はさらに綺麗に、男性はさらにかっこよくなりますね。

そこを目指して皆様はダイエットを頑張っていらっしゃると思います。

しかし、外見の変化も大切ですが、それよりも重要な変化があります

それは【習慣の変化】です。

今までの習慣を痩せやすい習慣に変化させることでダイエットは成功し、ダイエットの成果を維持することができます。

習慣の変化とは、食習慣生活習慣です。

ダイエットを成功させるためにはもちろん今までの食事を変える必要があるので、食習慣の変化は必然です。

しかし、食習慣の変化と同じく、生活習慣の変化も重要になります。

例えば、いつもより30分だけ早く寝て、早く起きるようにすれば簡単な朝食なら作れます。

これで朝食を食べれるようになれば代謝が上がりダイエットの効果を高めることができるので、痩せる習慣に変化したことになります

いきなり習慣をかえるのは難しいものです。なのでまずは週に三日だけ早寝早起きして朝食を作ってみてください。

意外と時間は作れることがわかるかもしれません。

それでも時間が作れない場合は?

ただ、上記の内容はあくまで理想の方法です。

中には様々な理由でどうしても時間が作れない方もいらっしゃいます。

その場合は、

 コンビニやスーパーで朝食を揃える

 前日に朝食を作る

この二つの方法があります。

そして朝食を食べる時間もない方は、

 プロテインで代用する

プロテインであれば溶かして飲むだけなのですぐに栄養を摂取できますし、タンパク質も豊富なので食事誘発性熱生産の効果も得られます。

ただ、栄養がタンパク質に偏るので食物繊維豊富なナッツ類も一緒に食べるとさらにいいですね。

忙しい朝でも朝食を摂る方法についても下記の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください↓

ここまで朝食の重要性と、忙しい朝でも朝食を摂る方法を解説してきました。

次項ではいよいよ実際にダイエットに成功されたお客様の朝食メニューを公開します。

ダイエットを成功させた朝食を紹介

ではここからダイエットを成功させた朝食メニューを紹介します。

Y’S TRUSTではダイエットの効果を高める食事法、【低炭水化物ダイエット】をおすすめしています。

低炭水化物ダイエットとは、文字通り炭水化物を控える食事法です。

紹介する朝食メニューは全て低炭水化物ダイエット向けの食事になっていますので、低炭水化物ダイエットを実施中の方やこれから始めようと考えている方に特に参考になります。

また、低カロリーダイエットを行っている方でも参考になる食事もありますので、ぜひご覧ください。

低炭水化物ダイエットについて詳しく知りたい方は下記の記事で解説していますのでぜひご覧ください

上記の記事を読んで頂くとわかりますが、低炭水化物ダイエットでは炭水化物を控える代わりに、

 タンパク質(肉、魚、豆類、卵など)

・・・代謝を上げてくれる筋肉の維持、増量に必要。また、タンパク質を摂取すると食事誘発性熱生産の効果が上がります。

 脂質(牛肉、豚肉、青魚、ナッツ、オイルなど)

・・・低炭水化物ダイエット中は炭水化物の代わりのエネルギーになります。不足するとエネルギー不足によって体重が停滞期に入る可能性が高まります。

 不溶性食物繊維(野菜、キノコ類など)

・・・便通の改善に効果があり、ダイエットに必要なビタミンミネラルも一緒に摂れます。

 水溶性食物繊維(海藻類、オクラ、なめこ、アボカド、納豆など)

・・・食後血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。また便通の改善の効果もあります。

など、各栄養を食事に取り入れます。

図にすると下のようになります↓

この図のように食事を組み立てると、低炭水化物ダイエットの効果を高めることができます。

 低カロリーダイエットの方は脂質の代わりに炭水化物を取り入れるといいですね。その場合は米は玄米パンはライ麦パン麺類は蕎麦などにすると低GI食品なのでダイエットに効果的です。

ダイエットを成功させた朝食

それでは実際にダイエットを成功されたお客様の朝食メニューをご紹介します。

一食ずつ私の解説も書いていきますので、ぜひ参考にしてください。

ダイエットを成功させた朝食:その1

 タンパク質・・・卵、納豆、ヨーグルト

 脂質・・・オイル

 不溶性食物繊維・・・キャベツ

 水溶性食物繊維・・・納豆、もずく

納豆はタンパク質の他に水溶性食物繊維も豊富で、炭水化物も少ないのでダイエット中には特におすすめの食品です。納豆の他に卵や無糖のヨーグルトからタンパク質を摂取できていますし、水溶性食物繊維はもずくからも摂取できています。キャベツから不溶性食物繊維、脂質はオイルから摂取できています。炭水化物はカットできていますし、必要な栄養をしっかり摂取できているダイエットに適した朝食ですね。

ダイエットを成功させた朝食:その2

 タンパク質・・・卵、ベーコン

 脂質・・・ベーコン

 不溶性食物繊維・・・ブロッコリー

 水溶性食物繊維・・・ワカメ

こちらの朝食は卵、ベーコンからタンパク質を摂取できていますね。脂質はベーコンから摂取できています。ブロッコリーは不溶性食物繊維も豊富で、ビタミンも多く含まれているのでダイエット向きの食材ですね。水溶性食物繊維はワカメから摂取できています。もずくやめかぶが苦手な方は味噌汁やスープにワカメを入れると水溶性食物繊維を摂取できるので良いですね。

ダイエットを成功させた朝食:その3

 タンパク質・・・ウインナー、卵、ヨーグルト

 脂質・・・ウインナー

 不溶性食物繊維・・・レタス、ブロッコリー

 水溶性食物繊維・・・チアシード

こちらはウインナーと卵、無糖のヨーグルトからタンパク質を摂取できていますね。脂質はウインナーから摂取できています。ウインナーはパッと炒めるだけなので忙しい朝でも料理ができるのでおすすめです。そして無糖のヨーグルトにチアシードが入っているのでチアシードから水溶性食物繊維も摂取できています。チアシードはビタミンミネラルも豊富なのでダイエット向けの食材です。不溶性食物繊維はブロッコリーやレタスから摂取できています。

ダイエットを成功させた朝食:その4

■ タンパク質・・・ベーコン、卵、糖質オフのパン

 脂質・・・ベーコン

 不溶性食物繊維・・・キャベツ

 水溶性食物繊維・・・もずく

こちらの朝食では糖質オフのパンが使用されています。糖質オフのパンは一つ糖質5g以下のものがおすすめです。このパンを使えば様々な料理を作れるので食べたいものを我慢しているダイエット中には強い味方になりますね。その他、タンパク質は卵とベーコンから摂取できていますし、脂質もベーコンから摂取できています。キャベツから不溶性食物繊維、もずくから水溶性食物繊維も摂取できています。

ダイエットを成功させた朝食:その5

 タンパク質・・・サバ、豆腐

 脂質・・・サバ

 不溶性食物繊維・・・キャベツ

 水溶性食物繊維・・・ワカメ

こちらの朝食では魚からタンパク質と脂質を摂取できています。魚は青魚に脂質が多く含まれており、白身魚の場合は別でオイルから脂質を摂取しましょう。その他、タンパク質は豆腐からも摂取できていますし、不溶性食物繊維はキャベツから、水溶性食物繊維はワカメから摂取できていますね。

ダイエットを成功させた朝食:その6

 タンパク質・・・刺身

 脂質・・・アボカド、オイル

 不溶性食物繊維・・・キノコ

 水溶性食物繊維・・・アボカド、ワカメ、オクラ

こちらは同じ魚でも刺身になっています。刺身は脂質が少ないのでオイルを使用して脂質を摂取するようにしましょう。そしてアボカドは水溶性食物繊維が豊富で、ビタミンも多く含まれているのでダイエット向けの食材です。海藻類や納豆が苦手な方はアボカドを料理に取り入れるのも良いですね。そしてキノコ類は不溶性食物繊維、ビタミンミネラルが豊富なのでこちらもダイエット向けの食材になります。各栄養をしっかり摂取できている良い朝食ですね。

ダイエットを成功させた朝食:その7

 タンパク質・・・牛肉、納豆

 脂質・・・牛肉

 不溶性食物繊維・・・キャベツ

 水溶性食物繊維・・・納豆、もずく

朝食に牛肉??と思われる方がいるかもしれませんが、実は牛肉は朝食にこそ食べてほしい食材です。理由はまずはタンパク質が豊富なので食事誘発性熱生産の効果を得られやすいという点です。そして脂肪の燃焼に効果的なL-カルニチンというアミノ酸が豊富に含まれているので、牛肉を食べてから運動(通勤、家事など)を行うと脂肪の燃焼に効果絶大です。また、ダイエット中は不足しやすい鉄分も含まれているので、ぜひ朝食に牛肉を取り入れてください。※この朝食は男性のお客様の朝食です。女性の場合はタンパク質が高すぎるので納豆は省いてください。一食のタンパク質の上限は、男性30g、女性20gとなっています。

ダイエットを成功させた朝食:その8

 タンパク質・・・牛タン、ツナ

 脂質・・・牛タン、ツナ

 不溶性食物繊維・・・レタス

 水溶性食物繊維・・・海藻類

朝からガッツリ牛肉が苦手な方は、牛タンもおすすめです。牛タンもタンパク質、脂質が豊富でもちろん鉄分も含まれています。牛タンであれば比較的あっさりしているのでガッツリしたものが食べにくい朝食に取り入れやすいですね。そしてこちらの朝食ではツナが使用されています。ツナはタンパク質、脂質が豊富でサラダと混ぜるだけでタンパク質、脂質を摂取できるのでこちらも忙しい朝におすすめです。

ダイエットを成功させた朝食:その9

 タンパク質・・・豚肉、納豆

 脂質・・・豚肉

 不溶性食物繊維・・・もやし

 水溶性食物繊維・・・もずく、納豆

続いては豚肉です。豚肉はダイエットには特に必要なビタミンB群が豊富に含まれています。ダイエットの観点から解説すると、ビタミンB1は不足するとむくみやすくなります。また、ビタミンB2は毎日の食事から摂取するタンパク質、脂質、糖質を効率よくエネルギーに変えてくれるのでこれらの栄養が身体に溜まりにくくなり、ダイエットの効果をスムーズに出すことができます。そしてその7の朝食で出てきた鉄分ですが、もやしにも多く含まれています。もやしはコスパも良く、ダイエット向きの食材なので特に女性は料理に取り入れていきたいですね。

ダイエットを成功させた朝食:その10

 タンパク質・・・鶏肉

 脂質・・・オイル

 不溶性食物繊維・・・ブロッコリー、キャベツ

 水溶性食物繊維・・・ワカメ

ダイエットといえば鶏肉というイメージがありますが、低炭水化物ダイエットでも鶏肉はおすすめです。その理由はやはりタンパク質が豊富なのと、コスパの良さですね。ただ、鶏肉は肉類の中では比較的脂質の少ない食材になるので、朝食に食べる場合は脂質はオイルから摂取するようにしてください。ただ、鶏の皮を使用した料理であれば鶏皮に脂質が含まれるので別でオイルから脂質を摂取しなくてもオッケーです。

ダイエットを成功させた朝食:まとめ

以上がY’S TRUSTダイエットを成功されたお客様が実際に食べていた朝食です。

写真を見るとダイエット中なのに意外と量が多いと感じるかもしれませんが、そこが低炭水化物ダイエットのメリットです。

通常のダイエットでは食事量を極端に減らしたり、肉類を避ける傾向にありますが、低炭水化物ダイエットでは炭水化物を多く含む食材を控えるだけなので食事量を極端に減らしたり、肉類を避けることはありません。

逆に上記でも解説したとおり、牛肉や豚肉などは積極的に食べたい食材になります

そして朝食はある意味たくさん食べれるタイミングです。朝食は食後の活動量(通勤、家事など)が多くなるので、たくさん食べてもダイエットに影響がでにくいです。さらにしっかり食べると代謝量も上がり、ダイエットの効果を高めてくれます

たくさん食べてもダイエットに影響が少なく、逆に代謝が上がってダイエットの効果を高めてくれる、朝食はダイエット中の方には嬉しいことがたくさんあります

また、この記事を読んで低炭水化物ダイエットを始めようと思った方は下記の記事に低炭水化物ダイエット中に食べていい食品、避けたい食品の一覧をまとめましたのでぜひご覧ください

続いては、便利なコンビニ食品をダイエット中でも活用できる食品の選び方を解説します。

コンビニ食品を利用できるようになると食事の幅も広がり、忙しい朝でも料理をする時間を短縮できるのでぜひマスターしてくださいね。

ダイエット中のコンビニの食品の選び方

ここまでダイエット中の朝食の重要性忙しい朝でも朝食を摂る方法ダイエットを成功させた朝食について解説してきました。

ここからはダイエット中にも便利なコンビニ食品の選び方を解説します。

コンビニ食品は特に料理をする時間がない忙しい朝に取り入れると料理をする時間を省けて、朝食を摂れるのでとても便利です。

朝食の他にも昼食や夕食にも活用できる便利さがあるので料理をする時間がない方にとってダイエットの強い味方になりますね。

しかし、コンビニを利用しようとしてもダイエット中でも食べられる食品がわからなかったり大丈夫だと思った食品が実はダイエット中は避けたい食品だったりなど、コンビニ食品の選び方がわからないとコンビニを利用できなかったり、ダイエット効果を下げてしまう可能性があります。

それらを避けるために、この項目でコンビニ食品の選び方をマスターしてぜひご自身のダイエットに活かしてください。

また、低炭水化物ダイエット中の方でもコンビニには意外と多くの食べれる食品がありますので、ぜひ記事を読んでマスターしてくださいね。

それではさっそく見ていきましょう。

必ず成分表を確認する

コンビニ食品の選び方は、必ず成分表を確認することです。

よくネットなどでダイエット向きのコンビニ食品を紹介されていますが、その食品が地域によっては販売されていない場合があります。

しかし、成分表の見方をマスターしていればネットの情報に頼らなくてもご自身でダイエット中でも食べられる食品、避けたい食品を選べるようになります

また、コンビニだけでなくスーパーなどの食品も選べるようになるのでダイエット中でも食べられる食品の幅が広がります。

成分表の見方

では実際の成分表の見方ですが、低炭水化物ダイエット中の方は一食で摂取する炭水化物の量を合計20g以下にする必要があります

なので食品の成分表を確認し、炭水化物(糖質)が何g含まれているか確認するようにしましょう

それでは下記の成分表を確認してみましょう↓

栄養成分表(1包装当たり)
エネルギー151kcal
タンパク質12.5g
脂質9.7g
炭水化物3.2g
食塩相当量1.6g

こちらはあるコンビニ食品の成分表ですが、青色文字の炭水化物の項目をご覧ください。

成分表を確認すると、1包装当たり炭水化物が3.2gとなっています。

低炭水化物ダイエット中は一食の炭水化物量を合計20g以下にしたいのでこちらの食品は食べていい食品となります。

続いてこちらの成分表を見てみましょう↓

栄養成分表(1袋60g当たり)
エネルギー340kcal
タンパク質2.4g
脂質21.6g
炭水化物34.0g
食塩相当量0.7g

こちらの成分表では赤文字に注目してください。

成分表を確認すると1袋で炭水化物が34.0gとなっています。

この食品は炭水化物が20gを超えているので、ダイエット中は避けたい食品となります。

このように、炭水化物が20g以下の場合は食べてもいい食品になります。逆に炭水化物が20g以上含まれている場合はダイエット中は避けたい食品になります。

また、炭水化物が20g以下の食品でも合計の炭水化物の量が20gをオーバーしないように注意しましょう

例えば炭水化物の量が15gの食品であれば食べていい食品になりますが、それが2品、3品となると20gをオーバーします。

あくまで炭水化物の量は一食で合計で20g以下になるように食品を選びましょう。

では続いては実際にコンビニ食品を活用した朝食の例をみていきましょう。

コンビニ食品を活用した朝食

それでは実際にY’S TRUSTでダイエットを成功されたお客様が取り入れていたコンビニ食品をご紹介します。

こちらでも私の解説を入れていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

コンビニ食品を活用した朝食:その1

 タンパク質・・・豚肉、卵

 脂質・・・豚肉

 不溶性食物繊維・・・レタス

 水溶性食物繊維・・・もずく

こちらの朝食は朝に時間がなく、通勤途中でコンビニで食品を揃えて会社で朝食を食べていた女性のお客様です。タンパク質と脂質はセブンイレブンの豚バラ焼きから摂取できていますね。こちらは糖質は0.6gなので低炭水化物ダイエット中の方は食べていい食品ですね。ややタンパク質が少ないのでプラスでゆで卵を追加されています。不溶性食物繊維はレタスから、水溶性食物繊維は会社の冷蔵庫に常備されているもずくから摂取できていますね。こちらの朝食はすべてコンビニで揃います。

コンビニ食品を活用した朝食:その2

 タンパク質・・・ローストビーフ

 脂質・・・チーズ

 不溶性食物繊維・・・サラダ

 水溶性食物繊維・・・もずく

こちらはタンパク質をローストビーフから摂取できていますね。ローストビーフはコンビニでは置いていないことが多いのでスーパーなどで前日に買っておられます。脂質はチーズから摂取できていますし、サラダから不溶性食物繊維、もずくから水溶性食物繊維を摂取できています。ローストビーフ以外の食品はすべてコンビニで揃いますね。また、このお客様はローストビーフとサラダをポン酢で食べていらっしゃいます。ポン酢は低炭水化物ダイエット中でもオッケーです。

コンビニ食品を活用した朝食:その3

 タンパク質・・・鶏肉、卵

 脂質・・・チーズ

 不溶性食物繊維・・・サラダ

 水溶性食物繊維・・・もずく、ワカメ

こちらは鶏肉からタンパク質を摂取できていますね。鶏肉は脂質が少ないのでチーズを食事にプラスして、さらにサラダにオイルを使われています。低炭水化物ダイエットでは脂質はエネルギーになるので朝食ではしっかり摂取したいのでチーズやオイルを追加されているのは正解ですね。逆に動物性の脂質を控えたい夕食では鶏肉をメインにするのは良いですね。そしてサラダから不溶性食物繊維、もずくやワカメから水溶性食物繊維を摂取できています。

コンビニ食品を活用した朝食:まとめ

以上が実際にコンビニ食品を活用した朝食です。

コンビニ食品を選べるようになると食事の幅が広がり、料理の時間も短縮できます。

ダイエット中は食事がワンパターンになりやすく、同じような食事が続くと飽きやすくなります。食事の幅が広がるとそれを解消できるのでダイエットを続けやすくなります。

また、コンビニ食品でも低炭水化物ダイエット中に必要な栄養を摂取できます。しかし、コンビニ食品には多くの添加物が含まれるので健康面から考えるとコンビニ食品ばかりにならないように、上手に毎日の食事に取り入れたいですね。

ダイエット中のコンビニ食品の選び方については、下記の記事でさらに詳しく解説していますので、ぜひご覧ください↓

おわりに

まず、最後まで読んで頂きありがとうございました。

情報量も内容も盛りだくさんで読むのが大変だったと思いますが、ダイエット中の朝食について徹底的に解説しました。

紹介した朝食の内容は実際にY’S TRUSTでダイエットを成功されたお客様の朝食なのでダイエットを頑張っている方、これから始めようとしている方にとってかなり参考になったと思います。

※ダイエットを成功されたお客様はHPの実績コーナーで紹介しておりますので、下記リンクからぜひご覧ください↓

https://ys-trust-1.jp/performance

ダイエットを成功させるには朝食が重要なカギになります。

朝食は食べるだけで代謝が上がりダイエットの効果を高めてくれます。朝が忙しくて時間がない方も早寝早起きして朝食を料理、食べる時間を作るようにしましょう。それが難しい場合は前日に翌日の朝食を作り置きしたり、コンビニ食品を活用したり、プロテインを代用すると料理する時間を短縮して朝食を摂れるようになります。

ご自身のライフスタイルに合わせて朝食を食べれるようになると良いですね。

今ダイエットを頑張っている方も、これからダイエットを始める方も、変わろうと決めた決意を大切に、毎日頑張ってくださいね!

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございました。

京都東山三条 パーソナルトレーニングジム Y’S TRUST

住谷

参考記事↓


新着情報へ戻る

TEL : 075-744-0031

〒605-0009 京都市東山区三条通大橋東入大橋町102番地 田中ビルB1F MAP